【連載】実は〇〇はエシカル商品 | KID BLUE(キッドブルー)オフィシャルブランド・通販サイト

BLUE LETTER

【連載】実は〇〇はエシカル商品

SDGsへの取り組みを「キッドブルーが今、できること。」と題し、エシカルな商品の魅力をお届けする連載2回目。7/20UPのシャーリングレースに続き、今回はオーガニックコットンにフォーカスします。

オーガニックコットン=有機栽培された綿、と聞くとイイものなのでは? 付加価値があるのでは?と感じる人も多いと思いますが、オーガニックコットンを積極的に使うことで綿花栽培に携わる人たちを守り、地球への優しさにつながるのが最大のメリット。
オーガニックコットンを名乗るには世界基準の厳しい条件をクリアする必要がありますが、KID BLUEでは主にGOTS(Global Organic Textile Standard)の認定を受けています。原料の70%以上がオーガニック繊維であること、環境負荷を最小限に抑えていること、働く人々の健康や安全面が配慮されていること、児童労働を禁止していることなど、収穫から皆さまのお手元に届くまでのすべてのプロセスがその対象です。


四季を通じて活躍する素材だけに、迷わずワードローブへ加えることをおすすめします。オリジナル製作のタグがオーガニックコットン・アイテムである証しで、贈り物にも喜ばれそうです。
モデル着用の肌触り滑らかな長袖ナイティをはじめ、脇の縫い目がないカップ付キャミソールやショーツなどのリブ生地インナー類も好評発売中。スモーキーなラベンダーや都会的なチャコール、洗練されたベージュの、趣あるカラーバリエーションもぜひチェックしてみてください。

Photo/Yu Deshima(model)
Graphic Design/Yuka Yamazaki(Y&Y design studio)
Edit & Text/Kaoru Isobe

VOL.1のコラムはこちら